Inji' Blue Sky Diary

見たもの感じたものこの瞬間を撮るのが好き。 思い出の一枚だったり、感動の一枚だったり、一枚からの出会いだったり、 そんなこんなでカメラ片手に撮り続けています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

苔の洞門 2010.8.22(日)

苔の洞門へ行ってみたいと思って千歳市のホームページを見ていたら今年も「苔の洞門実地調査」調査員募集の案内が出ていた。

千歳市ホームページ』ここを押す

これは、去年もやっていてもちろん去年も申し込んだけど抽選に落ちた、、、
今年も無理かな、、、と思ったら10日前に調査員に決定しましたので、通知いたしますって!ラッキー!!



この調査の目的は、
「苔の同門実地調査」は、平成13年の谷壁崩落以来、暫定解放(観覧台からの見学)となっている苔の洞門について、自然の保護や利用者の安全を確保した、今後の適正なあり方を検討するために実施するものです。
本調査は、迂回路を通って苔の洞門内部を実際に歩き、自然に与える影響や事故の危険性、コースの難易度などについて結果を検証いたします。




実地調査前に安全調査確認が行われていたようです。
ツアー前に苔の洞門の安全確認』ここを押す 


実際に行ったのも千歳民報に載ってました。
魅力いっぱい苔の洞門 モニターツアー始まる{千歳}』ここを押す


19人中10人選ばれた中の1人です(笑)ちなみに昨年は、50人の応募があったそうです、、、
そして、今回中止だったら次回に持ち越しかなって思ったら次回は次回で又抽選だそうです。
本当にラッキーでした。

ラッキーと言えば、実際にこの神秘的な幻想的な緑の絨毯のような苔の洞門を見れた事です!!


奥に行くに連れて、壁が高くなりこの日はとても暑かったのになぜか冷気を感じる様な、、、不思議、、

2010082235.jpg


この緑の絨毯には、感動!自然って素晴らしいです。

2010082250.jpg


大きな岩が岩壁に引っ掛かった通称「はさみ岩」です。

前から
2010082275.jpg


後ろから
2010082278.jpg

「はさみ岩」からパワーをいただきました。


ここは、崩落現場です。

2010082285.jpg

上の写真を登って上から見たのが下の写真です。

亀裂が入っているのでまた崩落の可能性があるそうです。危険です。

2010082207.jpg

落石も苔だらけ

2010082266.jpg



苔の洞門の岩壁には、苔がびっしり密生しています。

岩壁が高くなるほど暗いのか影が映り残念な写真ばっかりですが少し見てください(^^;)

No1 セイタカスギゴケ(スギゴケ科)
2010082208.jpg

No2
2010082222.jpg

No3
2010082221.jpg

No4
2010082220.jpg

No5
2010082219.jpg

No6
2010082230.jpg

No7
2010082229.jpg

No8
2010082234.jpg

No9 エビゴケ
2010082233.jpg

No10
2010082231.jpg

No11
2010082243.jpg

No12
2010082247.jpg

No13
2010082246.jpg

No14
2010082245.jpg

No15 オオホウキゴケ(ツボミゴケ科)
2010082244.jpg

No16 ジャゴケ(ジャゴケ科)
2010082262.jpg

No17
2010082269.jpg

No18
2010082268.jpg

No19
2010082279.jpg

No20
2010082284.jpg

No21
2010082283.jpg

No22 ミヤマサナダゴケ(サナダゴケ科)
2010082282.jpg

No23
2010082280.jpg

No24
2010082291.jpg

No25
2010082290.jpg

No26 ヤマコスギゴケ(スギゴケ科)
2010082289.jpg

No27
2010082288.jpg

No28
2010082286.jpg

No29
2010082292.jpg

No30
2010082293.jpg

No31
2010082294.jpg

No32
2010082295.jpg

No33
2010082296.jpg


苔の種類は、約30種って言われてるけどちゃんと調べてないらしいです。

こんな貴重な苔、洞門を大切に保護して行くべきですね。

苔の写真は、同じ苔を撮ったかもしれませんが、知ってる苔の名前を教えていただけたら幸いです。

苔の写真館も見ましたがよくわかりませんでした(^^;)苔の本かわなくちゃね(笑)

そして、たくさんの方にもこの神秘的な幻想的な緑の絨毯のような美しい苔の洞門を鑑賞していただきたいので

調査員同様、ガイド付き、参加費、誓約書、ヘルメット&鈴着用など決めて入っていただくのが良いのでは。

今回、本当に行って良かったです。ありがとうございました。

眼鏡が曇って綺麗に撮れなかったのでチャンスがあったら是非又行きたいです!!


           苔の洞門、素晴らしかったです♪


追伸
どのような形で入れる事になっても
         動植物や土石を採取したり、洞門内の苔を傷つける行為は、絶対やめてください!!


  1. 2010/08/27(金) 20:33:19|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夕陽が沈むまで、、、 | ホーム | これトンボ???>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inji44.blog110.fc2.com/tb.php/513-52caa697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

inji44

Author:inji44
『気の向くまま、自由のまま、自然のままに~』に写真を撮り続けています~青空が大好きです~

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。